手汗対策情報局!

心のストレスが手汗の原因

暫く同じ体制で手を机に置いていると、そこに手の痕がついて分かる位、手汗が酷く悩んでいました。

 

 

きっと、手汗が出るかもしれない、人に手汗がバレルかもしれないという緊張感から更に手汗は酷くなっていたのだと今は分かるのですが、
机に汗の跡が着く位、手汗に悩んでいる訳ですから、仕事で書類などを触っても書類が湿ってしまい、本当にストレスで仕方ありませんでした。

 

 

自分が触った場所がとても汚く感じ、触った場所を拭いて回る程、手汗に神経質になっていました。

 

その為、手汗を無くしたいと、氷水で冷やしてみたりし、手が冷たい時間を増やしてみたり、ハンドクリームで汗が出る穴をふさいでみいようと、ハンドクリームをベタベタ使ってみたりしましたが、
そんなのは対処療法でしかなく、一瞬は手汗は出なくなるのですが、すぐに手汗が出てあまり効果はありませんでした。

 

 

金銭的な負担も考えて、病院に行ったり高いクリームを買ったりする事も出来なかったのですが、親戚の子供を預かった事で、私の手汗は軽減される事になったのです。

 

子供は無邪気な生き物なので、自然に私の手に触れてきます。

 

それが私にとってはストレスで、思わず「おばちゃんの手は汚いから、汗かくから触らないで。」と伝えてしまったのですが、親戚の子供は「なんで?おばちゃんの手汚くないよ。手つないで。」と私の手を触れて離さないのです。

 

 

この言葉と、親戚の子供が自分の手を汚いと感じず自然に繋いでくれるこの行動が、私の手汗に関する意識を無意識的に下げてくれた様で、
一緒に過ごす時間が増える事で、手汗に意識が行かなくなり、いつのまにか、私の手汗は軽減されていました。

 

 

気にしていた汚いという認識を親戚の子供が少なくしてくれたおかげで、自分が触った所も無意識に拭かなくなっており、人の優しさに触れ合えた事で精神的に楽になったのだと思います。

 

氷で冷やしたり、ハンドクリームを使ったり、色々な事を試しましたが、私の場合は精神的だった事から、結果は自分の気持ちと周りの優しさに救われました。